GO WILD 野生の体を取り戻せ!取り戻した結果

ライフスタイル

どうも!たかです!

この記事ではかの有名なジョン J. レイティさんの著書、

「GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス」

レビューと、僕自身が本に書かれている内容を実践した結果を紹介したいと思います!

それでは早速行きましょう!!

現代人を苦しめる「文明病」とは?

人類は約1万年前に農耕社会を発達させて、狩猟採集生活から農耕生活に生活が変化していきました。

これにより人類は文明を発達させ、何不自由なく過ごすことができる現代社会を生み出したと同時に、文明病と呼ばれる、狩猟採集民には見られない病気も生み出しました。

文明病とは、いわゆる肥満や糖尿病に代表される生活習慣病のことです。

かも
かも

生活習慣病って文明のせいじゃなくて、文明のおかげで寿命が延びたから増えただけでしょ?どうしようもないんじゃない?

たか
たか

これがそこまで単純じゃないんだよな

もちろんこの文明病の流行は人類の長寿命化による部分もあるが、それだけではありません。

現に、若年層の二型糖尿病や、ホルモン分泌異常によるガンなど様々な病気がみられていて、これらは年齢ではなく文明が引き起こしていると考えられています。

そして著者はこう考えました。

狩猟採集生活のエッセンスを今の生活に取り入れることで、

文明の恩恵を享受しながら、文明病を撃退できる!

ここからは著者の勧める食事、運動法について、ざっくり紹介していきます!!

野生の食事法~ ブドウ糖が文明病の根源 ~

精製糖、高密度な炭水化物食品を避ける

まず一つ目は 「精製糖、高密度な炭水化物を食べない」ということです。

精製糖はお菓子ジュースに含まれている糖質で、高密度な炭水化物食品とは、小麦のことを指します。

糖質というのは狩猟採集民にとって、とても貴重でした。彼らは当時、芋や穀類の前身となる植物から糖質をとっていたが、それらは食物繊維を多く含み、消化に時間がかかりました。

それに対し、先述の精製糖や炭水化物は体内ですぐ消化され、血液中に糖質があふれてしまうのです。

糖質は、血液中にあふれて初めて害のあるものなのです。

カロリーは主に脂質から、 バラエティ豊かに

これだけ読むと、とんでもなくストイックな食事法のように思えますが、案外そうではありません。

かも
かも

炭水化物食べないとお腹減らない?

たか
たか

いや、肉とか魚をお腹いっぱい食べるから減らないよ

かも
かも

え、それ油摂りすぎで体に悪くないの?

たか
たか

健康的な油であれば好きなだけ食べていいんだよ!

そうなんです、著者は炭水化物以外を好きなだけ食べることを推奨しているんです。

もちろん、肉だけ好きなだけ食べることではありません。

ナッツ、野菜、果物、魚、肉、豆、卵を幅広く好きなだけ食べるということです。

かも
かも

これだったらボクもできそう!

たか
たか

意外と続けられるから試してみて!

野生の動き~ 自然の中で運動 ~

まず初めに、ジムのランニングマシーンで走っているときを想像してみてください。

かも
かも

ダムダム、、、あと10分がんばろうかな、、、

それでは次に、外に出て走っているときを想像してみてください。

たか
たか

ちょっとここ道が悪いな、、、気を付けて走ろう、、、

たか
たか

うわ、風が出てきた、、、しんど~

たか
たか

いつもとコース変えてこっちの道行ってみようかな、、、

お気づきだとは思いますが、外に出て走ったほうが、

様々な状況に対処、動きを変える場面が多くなります。

そしてこの行為は、人間の持つ類い稀な能力です。

著者はこの能力を発揮して、脳を活性化、野生の体、脳を手に入れることを推奨しています。

たか
たか

著者はトレイルランやクロスフィットを推してるけど、とりあえず外で走ることから始めたらいいと思うよ!

実践した結果

これらを踏まえて、普段の生活で以下の3つを継続してみました。(2021年1月~7月)

  1. ジュースやお菓子、高密度な炭水化物(米、小麦、芋、トウモロコシ)をとらない。
  2. ナッツ、魚、肉、卵、野菜、果物、大豆製品を好きなだけ幅広く食べる。
  3. ホームジムでの筋トレのほか、野外でのランニングを週2回以上行う。

その結果自分の身に起きた変化を紹介していきます。

肌質の改善

やはり炭水化物をたくさん摂る生活をやめたことによって、ホルモンバランスが安定するようになったからか、肌がきれいになりました。(よく言われる)

たか
たか

これはマジ。どんな化粧品よりも実感。

もす
もす

ニキビ全然できんくなったよね

一日を通してだるさがない

もともとは食事のあとだったり、夕方に差し掛かって疲れてくると、体のだるさを感じることが多かったのですが、この生活をしていると、だるさを感じる機会が顕著に減りました。

たか
たか

帰宅時も結構元気あって、帰ってからの活動がしやすくなった印象。

体重の減少

そして、炭水化物以外を好き勝手食べているのに、体重は減っていき、もともと76 kg程度だったのが、現在では67~70 kgあたりで安定しています。

この生活では、どんどん痩せていくのではなく、自分の適性体重に落ち着いていくのだと思います。

やはり、体に脂肪がついていく原因は、炭水化物の摂りすぎが大きいのかもしれません。

たか
たか

健康的に引き締まった、自然な体になったよ。

まとめ

以上、「GO WILD」のレビューと実践した結果でした!

かも
かも

うーん、まだ懐疑的だけどな、、、

たか
たか

僕もトレーニーとして最初は懐疑的だったけど、始めてよかったと思ってるし、

これからも続けるよ。

集中力が落ちている気がする、毎日疲れが取れない、肌荒れが気になる、ダイエットしたいけど続かない、そんな人はぜひこの書籍を読んで、生活を変えてみてください!必ず効果が実感できると思います!!

この記事について疑問や間違いの指摘がありましたら、コメントやtwitterで教えていただけたら嬉しいです!

それでは!




にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事を書いた人
たかもす

理系大学院生×ミニマリスト×カップル
同じ大学院の研究室でまいにち実験
一人暮らし/読書/散歩
筋トレ/ランニング
コーヒー/喫茶店

たかもすをフォローする
ライフスタイル読書
たかもすブログ

コメント

  1. […] GO WILD 野生の体を取り戻せ!取り戻した結果人類は約1万年前に農耕社会を発達させて、狩猟採集生活から農耕生活に生活が変化していきました。これにより人類は文明を発達させ、何不 […]

タイトルとURLをコピーしました